Spidor(組込みターゲット用ワークベンチ)

スパイダーは、通信とグリッチパターン生成のための単一の制御ポイントを作成することで、サイドチャネル解析(SCA)とフォルト注入(FI)での複雑さを軽減します。

組み込み機器向けのサイドチャネルまたはフォルト注入テストのためのセットアップを作成するのは大変な苦労があります。機能を実行し、WarmまたはColdリセット、グリッチを行うなどの特定のプログラムのフローを維持することは簡単なことではeありません。

スパイダーは、(複雑な)組み込みターゲットと対話するための汎用的なワークベンチです。カスタムまたは組み込みインターフェイスのすべてのI/ Oとリセット線で単一の制御ポイントを作成することで、サイドチャネル解析(SCA)やフォールト注入(FI)におけるセットアップの複雑さを低減します。

Inspectorソフトウェアから制御したり、スタンドアロンデバイスとして利用することもできます。Spiderはまた、JTAG、I2C、SPIなどのプロトコルに関連した信号を読んだり応答でき、ターゲットハードウェアの内部処理状態への情報チャネルを提供することができます。

特長

  • FPGAに2つの簡単でプログラム可能なステートマシンを実装
  • FPGAプログラミングの知識は必要ありません
  • 64のIOライン(1ステートマシンあたり32)
  • 6つの独立したユーザ定義の出力電圧(0V〜5V)
  • Pythonサポート

特徴

・FPGAに2つの簡単なプログラム可能な有限状態マシンを実装・ステートマシンの並列処理・FPGAプログラミングの知識は必要ありません・64のIOライン(1ステートマシンあたり32)・6つの独立したユーザ定義の出力電圧(0V〜5V)・125MHzの繰り返し率(4nsパルス)・Inspectorソフトウェアで使いやすい・仮想COMポートを使用して、スタンドアローンでの使用・Pythonサポート